2012年10月29日

里親会、残念!! そして本のご紹介

土曜日まではお天気だったのに。。。
ボラさん達の心の中にはてるてる坊主が沢山あったのに。。。

ザ・ン・ネ・ン 雨

気持ちを切り替えてわーい(嬉しい顔)
来週はご来場様がゆっくりとわんにゃんと触れあえる穏やかなお天気になりますように晴れ

参加予定だったニャンズ達の中からひじき・しろのすけ・チャムが御挨拶です。

ひじきです。
ひじき-10-27.jpg

しろのすけです。
しろのすけ-10-27.jpg

チャムです。8ヶ月位の女の子。
チャム-10-27.jpg

そして本のご紹介です。

ゼロ!こぎゃんかわいか動物なぜ死なねばならんと (集英社)
本.jpg

目次-1.jpg

目次-2.jpg

6月に発売されているので既に読まれた方もいらっしゃるかと思いますが、「熊本市動物愛護センター」の殺処分0を目指したこれまでの闘いの記録です。
他にも熊本さんの取り組みを取り上げた本はありますが、どの本を何度読んでも職員さん達の熱い思いと道の厳しさにはいつも胸があつくなります。
手探り状態の中で「動物愛護推進協議会」を立ち上げ、立場の違う人達が意見の違いを本音を出し合い乗り越えて同じ目的に向かう「諦めない強い気持ち」が道を開いて行きます。

真剣にこの状況を変えて行きたいと思うのは熊本さんだけではなく、脚光は浴びなくても他のところでもあります。
茨城県阿見町ブリーダー問題での、阿見町役場の職員さん達です。
犬猫達の悲惨なありさまに心を痛め、なんとか動物達を救いたいと取り組んでおられました。
真面目に考えて下さり、その努力が、阿見町ブリーダーの立ち入り調査にセンターだけでなく初めて県も立ち会う事に繋がって行きました。

その阿見町がパブリックコメントを募集しているとの情報をねこ姐さんからいただきました。
現在阿見町で「町動物の愛護および管理に関する条例(案)」のパブリックコメントを募集しています。

今年の6月に議会に出された提案を進めているという町環境政策課の話でしたが、このまま進むと12月には議会で可決される見込みだそうです。
パブリックコメント募集期間10月15日〜11月12日ということですので、皆さまからのご意見をぜひお寄せ下さい。
町民以外からもご意見を伺いたいので、阿見町以外の方からのご意見もお待ちしております。
*阿見町民以外の方は、CAPINまでご意見をお寄せ下さい。
info@capinew.jp

*阿見町 動物の愛護及び管理に関する条例(案)のパブリックコメントの実施について
public-comment01.pdf

*阿見町動物の愛護及び管理に関する条例(案)
public-comment02.pdf

 M.I記


ニックネーム 二子玉川いぬねこ里親会 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 通信日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3317327
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック