2011年11月17日

パブリックコメントへのお願い

11/8から12/7迄、動物愛護管理法の改正について後半編のパブコメが募集されています。

前回の「動物取扱業の適正化について」では12万通を越える意見が届きました。
今回は全体にわたる法改正について国から皆さんへ これでいいですか? と意見を求められています。

一般の飼い主の飼養責任を問うとても大事なことが入っています。

虐待の防止、多頭飼育の適正化、自治体の収容施設(引き取りのことや殺処分の方法などなど)、罰則の強化、動物実験、等々他にもあります。

ぜひ多くの方からの意見を国へ届けていただきますようお願いいたします。

罰則の強化の項目でマルコ・ブルーノさんからの提言です。
今のように○○○円以下、という表記ではたとえ上限を1億円とかいてあろうと最悪の場合、下限の最低ラインの1万円で終わってしまうそうです。
いくら法律を適正化しても罰則が弱くては実効性がありません。

国へ意見を届けてくださるときには是非最低ラインがはっきり分かる表記をして欲しい旨を書いていただけますようお願いいたします。
(例えば、300万円以上1000万円以下 等。勿論、金額は皆様が妥当と思われる額で) 

ゆま-にゃろめ.jpg
ゆま (りょうと一緒に殺処分の手前で保護されました)
りょう-にゃろめ.jpg
りょう (ゆまと兄妹、とても仲良し)
どうか悲惨な目にあう動物達が少しでも減りますように、ゆま・りょうからもお願いしております。猫(足)猫(笑)

意見の参考例は今作成中です。出来ましたら又お知らせ致します。

  ボランティア I

ニックネーム 二子玉川いぬねこ里親会 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 通信日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2931830
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック