2010年03月31日

猫エイズ?

100330_1945~0002の1.jpg

先週保護されたばかりの生後1カ月弱のニャン兄妹です
きじの男の子 「のぞみ」 黒右 「いちか」「あいか」
ワクチン済み 白血病も陰性 しかしエイズは
遺伝子検査でも陽性の結果が出てしまいました もうやだ〜(悲しい顔)
私は犬のことをわずかに知っているくらいで
ネコさんの病気のことは勉強不足なのです あせあせ(飛び散る汗)
そこで猫さんの保護に走り回る方にお聞きしたところ
ネットで検索する限りの怖すぎる病気 がく〜(落胆した顔) ではなく exclamation

「エイズキャリアで寿命を全うする子は
とても多い」


ということでした。感染してから

@急性期 
A無症状キャリアー 
B『後天性免疫不全症候群』

と病状は進行しますが
A無症状キャリアーの状態が
『エイズキャリア』といわれる状態で
寿命をまっとうできるこが本当に多いそうです。
中にはエイズ反応さえ消えてしまうこもいるとか 目ぴかぴか(新しい)

そして、エイズキャリアはエイズとは言わず
Bの『後天性免疫不全症候群』までいって
はじめてエイズ発症
となるのです

完全室内飼いで栄養価高いフードを食べている
エイズキャリアの子は普通の猫ちゃんと
変わらないぐらい元気な子が多いのです。
普通にエイズキャリアとキャリアでない子を
飼われている方が多いのではないでしょうか?
血液感染のみなので、よほど流血する パンチむかっ(怒り)
喧嘩がない限り感染もしません。
ちなみに、人にも犬にも感染しません
本当に怖いのはエイズよりもはっきりと診断する検査もなく
、仔猫同士の感染力のつよいFIPの方だそうです バッド(下向き矢印)


本当に わずかな確率で保護できた
小さい小さい命です
エイズという名前の先入観で
むやみに病気を恐れないでください 猫(足)ぴかぴか(新しい)
温かいおうちで、おいしいご飯をくれて
まだまだこれから10年以上続く猫生を
守ってくださるご家族さまを募集しております 猫(笑) るんるん

100330_1945~0001の1.jpg


すたっふ コ

ニックネーム 二子玉川いぬねこ里親会 at 20:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 預かり猫ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
猫エイズについて
私のお友達の猫保護ブログを読んでみて下さい。
わかりやすいと思います

http://toranekomamire.cocolog-nifty.com/blog/fivcat.html

わんこにはうつりません。
理解のあるステキな家族に出会えることを祈っています。
Posted by konpa at 2010年04月01日 16:21
前のにゃん子はキャンリでも18年生きました。最後まで発症しなかったです。

素敵なご家族と出会えますように☆
Posted by at 2010年04月06日 11:09
konpaさま猫(笑)

わかりやすいブログのご紹介ありがとうございました。晴れ

優しい里親さんきっと見つかるとおもいます。

キャンリママ様猫(足)

18年も長生きしたのはキャンリママ様の
お世話が良かったのとあたたかい愛情ですね。るんるん

ステキな家族にきっと会えます。
Posted by スタッフT at 2010年04月06日 14:51
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2021469
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック