2012年12月02日

今年最後の大拡散希望

犬猫救済の輪さんより転載です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お知らせ  拡散!!
「福島警戒区域残留犬猫・救護・管理に関する緊急措置の要望」について、皆様にご協力いただいております。

警戒区域の取り残されている犬猫を助けるために!“
環境大臣.長浜博行先生のメールアドレスが分かりました!
ご協力お願いいたします。


環境省や福島県やそれぞれ親しい議員などにお声かけいただいているところですが、
このたび環境大臣である長浜博行先生のメールアドレスが分かりましたので、お知らせいたします。
警戒区域に取り残されて頑張って生き延びている命を一刻も早く救い出すために、また警戒区域に新たな不幸な命が繁殖しないよう、行政任せではなく熟練した民間団体、個人を堂々と警戒区域に立ち入ることを認めていただけるよう皆様からお願いして下さい。
よろしくお願いいたします。


環境大臣長浜博行
メール nagahama@dg8.so-net.ne.jp 


お忙しい方のための
メール文例を作りました。この一行をコピーしてご使用くださっても結構ですのでよろしくお願いいたします。

環境大臣 長浜博行様

以下の要望書の内容に全面的に賛同します。被災地復興のため一刻も早く警戒区域内で民間団体、個人による動物救護(救出、給餌給水)、環境整備(TNR)活動を目的とする公益立ち入りを許可してください。
http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp/pdf/text20121126.pdf
http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp/pdf/text20121126-2.pdf

どうか、お一人でも多く、署名にご協力頂けますようお願い申し上げます。

今年最後の大拡散希望!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

要望書の内容はこちらをご覧になって下さい。
犬猫救済の輪

警戒区域の厳しい寒さの中、一生懸命頑生きている命がまだまだ沢山います。
早く手をさしのべないとどんどん息絶えてしまいます。
頑張って頑張って給餌給水に通って下さっても、少ない団体・個人では救いきれません。
国が捕獲・救出の技術を持っているボランティアさん達の立ち入りを認めてくれるよう、そして国が団体さんや個人ボラさんと連携して犬猫を助けてくれるよう長浜環境大臣にメールをお願いします。




ファイト!
闘う君の唄を
闘わない奴等がわらうだろう
ファイト!
冷たい水の中を
ふるえながらのぼっていけ

小魚たちの群れきらきらと海の国境を越えてゆく
諦めという名の鎖を身をよじってほどいてゆく

ファイト!

国に声を届けてください、お願いします という熱い記事におもわずこの歌詞を思い出しました。(余計でしたね。ごめんなさい)








ニックネーム 二子玉川いぬねこ里親会 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 通信日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする