2012年05月01日

モモちゃん、ナナちゃん成長記録

かわいいモモちゃん、ナナちゃん、共に里親さんが決まりましたかわいい


先日からお見合いを重ねていた2匹ですが里親さんが決まりました手(チョキ)

モモちゃんはスカイツリーの近くのお家へ
ナナちゃんは浜っ子になります。

モモちゃんは里親様の都合で急遽5月1日に里親様のお家に行く事になりましたるんるん

悪戯三昧の2匹なので、寮母の心配はつきませんあせあせ(飛び散る汗)

IMG_3869.jpg

恒例の卒業2ショット写真犬(笑)IMG_3733.jpg

姉妹で過ごす最後の夜眠い(睡眠)IMG_3492.jpg

ひめり姐さん犬(笑)が心配してモモちゃんにお説教をしています目
IMG_3463.jpg

返事はちゃんとできたけど・・・・IMG_3854.jpg
本当に分かっているのでしょうかあせあせ(飛び散る汗)

モモちゃんの里親様のお家の近くから撮ったスカイツリー
IMG_3883.jpg

里親様に早速ご挨拶ですIMG_3877.jpg

お留守番の無いお家で一人っ子生活を始めるモモちゃんぴかぴか(新しい)

いっぱい可愛がってもらってねかわいい

里親様、いたずらっ子のモモちゃんですが、どうぞ宜しくお願いします。

ナナちゃんは9日に里親様のお家に行く予定でするんるん

  武蔵野寮 寮母S



ニックネーム 二子玉川いぬねこ里親会 at 14:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 御預かりワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パブコメのお願い。提出方法及び参考文例です。

前回の記事の追加です。
度重なるお願いで申し訳ありません。今回のパブコメは期間が短い上にGWがあり意見が集まりにくい心配があります。パブコメなんて行政のパフォーマンスだよという声も聞きますが私達の声を届けなくては何も始まりません。どうか皆様のご協力を願いします。

締め切りは
メール・ファックスの場合は5月7日24時まで
郵送の場合は5月7日17時(環境省勤務時間内)まで
必着です。

◆意見の送り方

1.件名「動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令の一部を改正する省令案等(概要)」に関する意見

2.意見提出者氏名(企業・団体の場合は、会社名/部署名/担当者名)

3.住所

4.意見

1〜4を書いて メール、又はファックスで環境省に送ってください。

◆送付先

○電子メールの場合
アドレス aigo-seirei04@env.go.jp

○郵送の場合
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5 号館
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室宛て

○FAX の場合
FAX 番号03-3581-3576
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室宛て


時間がない!どう書いて良いかわからない!という方のために、新宿キャットサポートさんの雛形をご紹介します。
賛同される方は、一部抜粋でも全使用でもかまいませんので、自由にコピーしてお使いください。


以下↓雛形

◆意見
ペットショップと同様、猫カフェも6月から夜間展示を禁止すべきであり、経過措置の必要はありません。

<理由1>猫カフェ形式では非公式な動物販売がおおいに可能であり、「改正省令等中夜間展示規制 ○第5 条第5 号イ
販売業者、貸出業者及び展示業者にあっては、夜間に犬又はねこを顧客と接触させ、又は顧客に譲り渡し、若しくは引き渡さないようにすること」を科すことは、安易な動物の供給・それに伴い起こりうる遺棄を未然に防ぐためには必須だと思います。

<理由2>猫は昼間より夜のほうが活発に活動しますが、夜行性だからといって夜中ずっと起きているわけではありません。寝たり起きたりを繰り返して一日約15時間前後眠る動物です。それを営利目的の業者側が「改正省令等中夜間展示規制
○第5 条第1 号ヌ 販売業者、貸出業者及び展示業者であって、夜間に営業を行う場合にあっては、当該時間内に顧客、見学者等が犬又はねこの飼養施設内に立ち入ること等により、犬又はねこの休息が妨げられることがないようにすること」から免れたいがために「猫は夜行性だ」「自由に動けるので他の展示と区別すべきだ」と主張しても、飼い主ではない不特定多数の人間に常に晒されることは、飼い猫が飼い主と一緒に自由に過ごすのとはまったく違い、大きなストレスがかかります。以上から猫カフェであっても他の展示同様、展示はできるだけ短時間にすべきであり、夜間まで展示を望む猫カフェは、愛護動物のストレスを考えず利益重視のペットショップの展示と大差ありません。

<理由3>猫カフェはあくまでも「人間の一時的な楽しみ」を提供する営利目的の商売であり、真の意味で生命を慈しむ動物愛護精神にそぐわないばかりか、むしろ人によっては、動物への責任を負わずにただ可愛いがりたい時だけ可愛がるという、無責任な考え方を助長する危険もあります。動物の飼養が不可能な人が動物との健全な触れ合いや癒しを望み求めるのならば、ボランティア参加などの機会もあります。深夜の猫カフェの必要性はありません。

<理由4>そもそも、正規のパブリックコメントでの、圧倒的意見を受け公布されたものに対し、営利目的の業者からの反対意見を受け入れ経過措置を検討することは国民への裏切りとも言えます。なんのためのパブリックコメントだったのか?動物愛護法の法改正において、営利目的のペット業者のあり方は、今後の日本の動物愛護に非常に大きな要であり、動物愛護先進国に少しでも近づくためには、生体の展示についての規制はとても重要です。

以上の理由から、今回の経過措置の必要性はまったくありません。

転載自由です。

 M.I記

ニックネーム 二子玉川いぬねこ里親会 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 通信日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする