2012年02月15日

相次いで適正飼養講習会

こんにちわ、毎日寒いですね。

みなさま、東京都保健福祉局が行っている適正飼養講習会をご存知でしたか?参加資格は都内にお住まいの方280名(先着順)、参加費無料で、昨日が申し込み締切日でした。ガクッ

2月11日(土)「災害が起きる前に!〜ペットの防災対策を再確認〜」
講演 「災害に備えた動物の飼い方について」
  講師:水越美奈氏
  (日本獣医生命科学大学獣医学部講師、家庭犬しつけインストラクター)
報告 「東日本大震災における東京都の動物救護活動」
  報告者:栗原八千代
  (東京都福祉保健局健康安全部環境衛生課動物管理係長)

2月20日(日)「災害発生!そのときあなたとペットは?」
報告 「東京都における災害時の動物救護対策の現況について」
  講師:田島秀朗(東京都福祉保健局健康安全部環境衛生課動物管理係長)
講演1 「災害時における東京都獣医師会の役割」
  講師:小林元郎氏(社団法人東京都獣医師会危機管理室防災セクション長)
講演2 「過去の震災事例から見た動物愛護ボランティアの活動について」
  講師:谷茂岡良佳氏(財団法人日本動物愛護協会業務課長)

毎日揺れている東京都、ペットと暮らす都民にとっては大事な講習会です。でも知らないでいれば、それまでです。

DSC05821.JPG

私の飼猫の預かりママさんだった方のブログ「猫ズとごろごろ Vol.2」に2月11日の講習会の報告記事が載っているのでご覧下さい。よい会だったと仰っています。http://ramdonnacat-2.blog.so-net.ne.jp/2012-02-11#more
この報告を読んで印象に残ったことは、東京都では東日本大震災の被災者の避難所を4ヶ所設置し、ペット可としたけれども、ペットは人間とは別室にされたということでした。これについては、参加者から様々な質問が出たようですが、各自治体に任せているとのことで、芳しい回答はなかったようです。早急に各自が自身の自治体へ問合せや要望をしていく必要がある、と強く思いました。

福島で今もお迎えが来ないので彷徨っている犬たち、その何倍もの数の猫たちを思うと、日ごろから「適正飼育」についての正しい知識を持って犬猫に対さなければいけないと痛感します。このような機会を逃さず、少しでもよりよい準備が出来たら、と思いました。(T)

ニックネーム 二子玉川いぬねこ里親会 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 通信日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする